05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

夜桜夜景 

000
ライトアップされた夜桜と夜景のコラボレーション☆

高速道路の光がまるで川のように見えた

山の上はまだまだ寒かったけど、春はもうそこまで来ているんだね
スポンサーサイト

[edit]

夜景ポートレートの魅力 

00
これまで数々の夜景スポットを巡っては写真に納めてきましたが
昨年後半から新たなるジャンルとして夜景ポートレートを撮り始めたところです。

通常の夜景と夜景ポートレートの一番の違いは撮影方法でしょうか?
まず使うレンズが違ってきますね。
通常の夜景ではズームレンズが主体となりますが
ポートレートの場合は単焦点レンズを多く使っています。
主に50mm、85mm、さらには90mmマクロなども使っています。

また使用感度も大きく変わってきますね。
通常の夜景の場合は感度100〜200を使いますが
夜景ポートレートは感度400〜1600まで幅が広く
被写体ブレが起こらないように気をつけています。

ポートレートというからにはメインの被写体はモデルさんであって
夜景はBGM的な存在といえば良いのでしょうか?
あくまでもモデルさんを引き立てるための役割を担っています。
昼間のポートレートと違って激しく動きを見せられないものの
夜ならではの独特な雰囲気の下で撮影を進めていくのは
なんとも不思議であり楽しくもあります。

この春は夜桜ポートレートにも挑戦してみたいと思っているところですが
果たしてうまくいくかなぁ…(^^ゞ

[edit]

一条の光 

000
夜景写真のシャッターチャンスというお話を前に取り上げましたが
今回もそんなチャンスを生かした写真を掲載してみました。

車の赤いテールライトの光がみなとみらい方向に向かって
流れ去っていくイメージで撮ってみたものです。
もし車が来なければ、なんの変哲も無い夜景写真になっていましたが
車の光を入れる事によって静かな夜景に動きを見せる事ができます。
車が来るか来ないかは運次第ですが、ここでは3分ほど待っていたら
運良く来てくれました♪

このようなシーンにおいて車の光を入れるのであれば
1台だけが望ましいかもしれません。
3台も4台も立て続けに車が来てしまったら
それこそ真っ赤な光だらけの写真になってしまいますから…
(この写真は光が途中から3本になっていますが、
これはブレーキランプの光が写り込んだものですね)

なるべく低い感度設定にして、ある程度絞り込む事によって
20秒くらいの露光時間を稼ぐ事ができます。
あまり長すぎると次の車が入ってしまう恐れもありますので
交通量をみながら撮影をしてみると良いかもしれませんね。

ちなみに今回の写真はスクエア画面のトイカメラ風に仕立ててみました。
色調は好みが分かれるところですが、たまにはこんな写真も面白いですよね☆

[edit]

夜景撮影のシャッターチャンス 

000
京王相模原線の多摩境駅から徒歩1分の場所にある小山多摩境公園。
以前に似たような画像を掲載したのですが、こっちの画像の方が
自分的には好きかなぁ〜(^^)
さて、その理由とは?

この画像には2つのシャッターチャンスが隠れているのですが、
皆さんはわかりますか?
一つ目はすぐに気づかれたかと思うのですが、流れ行く光のライン、
これは京王相模原線の電車の光の軌跡ですね。
私が通常夜景撮影を行なう場合、たいていシャッター速度は
5秒から10秒くらい長く設定をしています。
この場合三脚を使って画像がブレてしまうのを防いでいます。

これだけ長い時間シャッターを開けていると、車や電車などの
動きのある被写体は流れて写るわけでして、
ご覧のように流れる光となって写ってくれるんです☆
もし電車が来ない時に撮っていたらこのような光のラインは
写りませんので、あえて電車が来るのを待ってシャッターを切ったというわけですね。

そして二つ目のシャッターチャンスは…?
この空のグラデーション、わかります?
空の上の方はかなり暗いのですが、地表付近に行くにしたがって
だんだんと濃紺色が見えてきて、遠くの山並みのシルエットも
ギリギリ見えていますね。
もしあと10分遅い時間に撮影をしていたら、完全に真っ暗な状態となり
見た目の雰囲気もだいぶ変わっていた事でしょう。

一口に夜景写真といっても、時間的な流れがありまして
夕焼け → 夕景 → マジックアワー(トワイライト) → 夜景という具合に
段階的に写る景色も明るさも変化していきます。
皆さんはどの時間帯の夜景がお好きでしょうか?
お気に入りの場所でも時間帯によって見える景色が違いますので
ぜひ一度体感してみてはいかがでしょうか?

[edit]

静寂につつまれて 

01
陽が沈みあたり一面が蒼く染まる頃

それまで聞こえていた人や虫の声は聞こえなくなり

静寂のヴェールが包み込んでいった

去り行く車のテールライトが1日の終わりを告げているようで

遠く遠く、視界から見えなくなるまで

ずっと見つめていた…

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。