07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

新たなる挑戦 

01
気づけば3ヵ月以上も更新していなかったんだなぁ…
慌しい日々からようやく開放されて、久々の更新です。
時々見に来て下さった方、本当にゴメンナサイです!

なんだか長い長~いトンネルから抜け出したような妙な気分だけど
リフレッシュされたような心地かな?

さて、気づけば12月も3分の1が終わってしまい
2011年が終わりを迎えようとしています。
本当に今年はあっという間だったなぁ~

そして2012年は自分にとって新しい挑戦の年でもあります。
いったいどんな挑戦?
それはまた後日、追って報告したいと思います~(^^ゞ
今はまだ準備段階、別の意味で慌しいんですわ…
さぁ頑張るぞぉ!
スポンサーサイト

[edit]

夕焼け空 

1114
今日は予想外に綺麗な夕焼け空が広がりましたね。
昼間もずっと雲に覆われていたので綺麗な夕景など想像すら出来なかったのですが
午後4時半あたりから雲が二つに割れたかと思うと
みるみるうちに雲が赤く染まってきて
ピークタイムにはご覧のような光景が見られました。
この間わずか3分程度でしょうか…
夕焼けのピークって本当に短いですね。

このカットを撮ってからレインボーブリッジと東京タワーのブルーライトアップを撮ってみました。
その写真はまた次回に掲載してみたいと思います。

[edit]

夜景撮影の季節 

1109
ようやく夜景が綺麗に見える季節がやってきたようです。
季節は冬へと向かってきたものの、まだまだ日中の暖かさが続いているため
どうしても遠景の霞が夕方に残ってしまっていましたが
ここにきて冬らしい残照が見られるようになってきました。

街中にはイルミネーションが輝き始め、今年も残り2ヶ月弱…
夕方から夜景撮影、夜はイルミ撮影と慌しく動き回っておりますが
これも毎年この時期ならではのイベントといえるでしょう。
あっという間に2011年がやってくるのでしょうね。

[edit]

妻籠宿 5 

1105
妻籠宿に蒼の時間がやってきました。
いつか自分の眼で見てみたかった瞬間が今ここに…
意外だったのは、格子戸から光が漏れている家屋は
ほんのわずかだったという事でしょうか。
奈良井宿だとたくさんの家屋やお店の格子戸から
生活光が路上に漏れていて綺麗だったのですが
妻籠宿はそのような家屋は少なめみたいですね。
それにしてもいい雰囲気だなぁ~
シャッターを押しながら目の前にある光景を脳裏に焼き付けたのでした

[edit]

妻籠宿 4 

1104
妻籠宿で一番よく見かけるのが、この写真のシーンかもしれません。
あかりが灯った行灯がいくつも並び、山並みのシルエットが背後に迫る…
昼間の喧騒を忘れさせてくれるようなシーンですが
実はこの1カットを撮影するだけでも大変だったんですよね。
観光客の人たちもこのシーンが心に響いたようで
何人もの人たちがカメラを片手に歩き回っていて
なかなか思うようにシャッターを切らせてくれませんでした(^^ゞ

長時間露光による撮影なので歩いている人なら消えてくれるのですが
さすがに同じ場所にずっと立ち止まられてしまっては
後処理の事を考えるとギリギリまで粘った方が得策かな?と思い
まさにギリギリまで粘りました。
右の松代屋さんの協力を得ての撮影となったため
燈篭の位置を通常とは違った配置にさせていただき、より雰囲気を高める事ができました。
古夜景といえば良いのでしょうか、このシーンを撮ってみたかったんですよね(^^)

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。