07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

静寂の時 

0122
誰もいない場所から見降ろす誰もいない景色
郊外の夜景を撮影している時、たまにそんな状況があります。
自転車や車が通らないかな?と粘ってみたものの
結局誰も来なかった…ちょっと寂しい瞬間。

華やかな街夜景を撮り慣れていると
郊外のしっとりとした夜景が妙に寂しく見えてきたりするもので
そんな心境が写真にも表れているなぁって思いましたね。

逆に一人静かにもの思いにふけたい…そんな時こそ
このような状況がかえって嬉しく感じたりするのかもしれません。

[edit]

« HDRではありませんが  |  高感度の特性 »

この記事に対するコメント

こにちゃんさんへ

こにちゃんさん、こんばんは♪
そう、おっしゃる通りですね!
考えるよりも、まずシャッターを…これが大事だと思います。

夜景といえば東京近辺だとお台場、隅田川、新宿、横浜などが
わりと有名で人気のあるエリアなんですが
今回のようなごくごく普通の光景にも目を向けてみると
意外と面白い作品になる事があるんですよね。
ちなみにこの場所は自宅から遠い所なんですが
ミックス光のコラボが目についたので撮ってみたんです。
本当ならば車の赤いテールライトを入れたかったのですが
粘り負けしちゃいましたね…
田舎道という事もあってか、とにかく車が通らなかったんですよ…残念!

Makoto #ptYvIapw | URL | 2010/01/23 23:19 * edit *

身近な夜景

本当に何でもない夜景ですが、なぜかきれいに見えてしまいますね。
こんな写真を撮るのに必要なのは、まず、身近な場所で撮影する勇気のような気がします。
華やかな夜景には、写欲をそそるものがありますが、今回のような風景だと、日常見ている風景をどう切り取るかというセンスが要求されるようで、二の足踏んでるのが僕の現状だったりします。
デジタルになって簡単に削除できるのだから、考えるよりもまずシャッターを!と言うスタイルで攻めるのがいいのかもしれませんね。

こにちゃん #- | URL | 2010/01/23 09:38 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pastelnight.blog99.fc2.com/tb.php/103-b3f8bc17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。