07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

福島宿 6 

1028
木曽街道福島宿編もいよいよ最後となりました。
ここは地元の人の憩いの場?
いわゆる水場なのですが、よく見ると生活色がとても濃いのがわかります。
井戸は現役のようで、今でも飲料水として利用しているみたいですね。
さらに驚く事に屋根の下には昔ながらの釣瓶の名残りともいえる
木製の滑車が付いていました。
家と家の狭い路地の一角で見つけたこの光景、
できれば地元の人とゆっくり話をしてみたかったなぁ…

さて次回からは妻籠宿編をお送りいたします。
お楽しみに♪

[edit]

« 妻籠宿 1  |  福島宿 5 »

この記事に対するコメント

必塗マンさんへ

必塗マンさん、こんばんは♪
都会では忘れ去られてしまった水場への思いが
地方ではまだまだ大切にされているのがよくわかりました。
ここ福島宿だけではなく、中山道にある宿場町のほとんどに
水場がきちんと残されていて、神様が祀られていました。
観光客は手を洗って水を飲んでおしまい、そんな状況の中で
地元の方が野菜を洗っていた姿が印象に残っています。
屋根の痛み、確かに目立ちますねぇ~

Makoto #ptYvIapw | URL | 2010/11/06 23:30 * edit *

現代でも・・・

 昔ながらの、しきたり や 方法 を
きちんと守って居るのですね。
神様もお祀りして、神聖なる 「水場」として
生きている様子が、伝わって来ます。 

どうしても目が行ってしまう・・・
トタン屋根の塗装の傷み、、、。 ^^; 

必塗マン #- | URL | 2010/11/06 10:29 * edit *

海月さんへ

海月さん、おはようございます。
福島宿の最終回は地元の人の生活色が漂う井戸を掲載してみました。
ここは観光客が訪れる事がほとんど無い場所のようで
地元の方々の家が密集する一角に井戸はありました。
歩いていて偶然発見したのですが、なかなか雰囲気が良かったですね。
何よりもビックリしたのがこの釣瓶、
滑車だけとはいえ、よくまぁ残っていたなぁって感心しました。
この井戸水で野菜を洗ったりしているのかな?と想像しながらシャッターを切りましたよ。

Makoto #ptYvIapw | URL | 2010/10/29 08:28 * edit *

こんばんは(*^^*)

わぁ♪
この場所が凄く大切にされているのが
わかりますね(*^^*)
地元の方達がワイワイと話しながら
とても楽しそうに
この井戸に集っているのでしょうね。
見ていると気持がノンビリとしてきます(*^^*)

海月 #/eRHVPVk | URL | 2010/10/29 01:18 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pastelnight.blog99.fc2.com/tb.php/227-156d6cf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。