05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

妻籠宿 4 

1104
妻籠宿で一番よく見かけるのが、この写真のシーンかもしれません。
あかりが灯った行灯がいくつも並び、山並みのシルエットが背後に迫る…
昼間の喧騒を忘れさせてくれるようなシーンですが
実はこの1カットを撮影するだけでも大変だったんですよね。
観光客の人たちもこのシーンが心に響いたようで
何人もの人たちがカメラを片手に歩き回っていて
なかなか思うようにシャッターを切らせてくれませんでした(^^ゞ

長時間露光による撮影なので歩いている人なら消えてくれるのですが
さすがに同じ場所にずっと立ち止まられてしまっては
後処理の事を考えるとギリギリまで粘った方が得策かな?と思い
まさにギリギリまで粘りました。
右の松代屋さんの協力を得ての撮影となったため
燈篭の位置を通常とは違った配置にさせていただき、より雰囲気を高める事ができました。
古夜景といえば良いのでしょうか、このシーンを撮ってみたかったんですよね(^^)

[edit]

« 妻籠宿 5  |  妻籠宿 3 »

この記事に対するコメント

海月さんへ

海月さん、こんにちは♪
そうなんですよ、まさにこの瞬間が見たくて来たようなものでして
明るいうちから三脚を立てて粘っていました。
他にも同じアングルで狙っていた方が数名いらっしゃいましたが
皆さん往来する観光客の姿にイライラしていましたね。
まぁ観光地なので人がたくさんいて当然でしょうし
焦ったところで良い写真は撮れませんからねぇ…
気持ちに余裕を持つ事も大切かな?と思いました。
といいつつも内心は少しだけ焦り気味でしたが(笑)

Makoto #ptYvIapw | URL | 2010/11/05 13:10 * edit *

こにちゃんさんへ

こにちゃんさん、こんにちは♪
この1枚を撮るのにとにかく粘りましたね。
よ~く見ると通りの奥に女性らしき人影が写っているのですが
とにかくこれが限界…待ちきれませんでした(笑)
まぁ1人くらい歩いていても悪くはないかな?と。
あえてレタッチをせずに掲載するのがモットーでもありますので
(描き足したり消去したりする事で、色調や明度調整は別です)
そのまま掲載してみました。

Makoto #ptYvIapw | URL | 2010/11/05 13:07 * edit *

こんばんは(*^^*)

心に静かに広がってくる灯り…
シットリとした雰囲気が心を癒してくれて
とても素敵ですね。
ずっとずっと見ていたいです(*^^*)

海月 #/eRHVPVk | URL | 2010/11/05 04:08 * edit *

ほっと一息つくも良し。
夜のお楽しみに向けて、テンション上げるも良し。
宿場の夕方の雰囲気って、やっぱりいいですね。
苦労された甲斐あってか、本当にいい絵が撮れてますね。

こにちゃん #- | URL | 2010/11/04 20:15 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pastelnight.blog99.fc2.com/tb.php/231-b5c069ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。