03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

光の種類 

0118
街夜景を撮影している時によく感じるのは
電球にもいろいろなタイプがあるんだなぁって事ですね。
蛍光灯一つとってみても昼光色、電球色などがありますし
タングステン球、ナトリウム灯、水銀灯など
街の中には実に様々な光源があるのがわかります。

それらが一つにまとまって夜景を形成しているのですから
写真を撮る側にしてみれば実に面白いんですよね。
というのも、デジタルカメラにはホワイトバランスという設定項目があって
太陽、曇り、蛍光灯、白熱電球などのモードがあります。
例えば蛍光灯モードにセットしたからといって
全ての蛍光灯の色調を補正してくれるわけではないんですよね。
やはり最後は自分の好みに合わせてモードを変える必要があるわけでして…
デジ一眼の場合はRAWで撮影しておいて、後から色温度調整という方法があるので
より細かく自分色に仕上げる事ができます。

夜景写真を作品として捉えた場合、
やはりクールな蛍光灯ばかりの街写真よりは
オレンジ色主体のローカル夜景の方が暖かみがあって好まれそうですね♪

[edit]

« 白トビ抑制の効果  |  センサーの汚れ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pastelnight.blog99.fc2.com/tb.php/99-5db57d3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。